「ここはいける」と考えた市場の時には

現実にパソコンのディスプレイの前に座ってリアルタイムで上下動している相場を見ると、すぐに売買をしなくてはいけないという抑えようのない気持ちに突き動かされる場合も少なくありません。

しかし、はっきりしない考えで売買することは、決してしてはいけません。

知っての通り、マーケットは四六時中、休みなくどこかの外国為替市場が関いているし、為替レートも休みなく上がったり下がったりします。

とは言っても、トレードをすると、それだけで損失を被る可能性が上がってしまいます。

もちろん、トレードの回数を積む事でだんだんと儲けられる確率か50%、50%になります。

しかしそれは「はっきりしない感覚でエントリー」とは別の話です。

トレード回数を重ねる事の意味はあなたが「ここは勝てる」と思いついた確信を得た場合のエントリー回数を積むという事を意味します。

ただ、ひっきりなしに売り買いを積むのとは全く違います。

マーケットの戦いに勝つためには自分が考えてメリハリをつけることが重要です。

「ここはいける」と考えた市場の時には、迷うことなく所持ポジションを買い増して、徹底的に儲けを追求します。

「分からない外国為替市場で、どうなるか考え付かないな」と考えた時は、諦めて売買ポジションをひとつ残らずクローズして何もしません。

そのくらいの緩急をつけた方が、最終的にエントリーは勝てます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通りです。

外国為替相場とはいつも売買ポジションを保持する事が重要ではなくポジションを持たないでじっとしていることも場面によっては、外国為替相場です。

それでは、いつ休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先述した通り、これからの市場がよく見えない時。

これから上がるのか下がるのかわからないような時は分からないまま行動すると、自分自身の考えたシナリオとは逆の方向に市場が動いてしまい損してしまいます。

こういう場面ではポジションを閉じ、そのまま何もぜずに見ているだけが唯一出来る事です。

もうひとつの場面は、コンディションがすぐれない時です。

体の具合と外国為替相場につながりがない思う人もいるだろうが。

実際にはつながりがあります。

健康状態がよくなければ為替相場の失敗できないところで、正しい決断ができません。

気分が進まない時は、FXから距離を置くことも大事な事です。

Link

Copyright © 1996 www.hawaiimediaarts.org All Rights Reserved.